FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日お店からもらってきた 
FRaU の 映画特集 で 気になる記事を見つけました

ポン・ジュノ ミシェル・ゴンドリー レオス・カラックス
という 世界的に有名な3人の監督 が 
東京を舞台に撮り上げる オムニバス映画 について

タイトルは まだ “ 仮 ” とのことだけれど 
TOKYO!

なんといっても 出演者が豪華 なのです


わたしのすきな 
ミシェル・ゴンドリー の作品 には
主演 が 藤谷文子×加瀬亮
その他には 伊藤歩 妻夫木聡 大森南朋 

と 出演者だけで 相当つぼ なのですが
これを ミシェル・ゴンドリー がどう映像化するのだろうか
ミシェル・ゴンドリー の撮る 日本人 に 興味津々!


story 

「Hiroko & Akira in Tokyo」

とある地方から、恋人とともに上京してきた女性。
映画作家を目指す彼について東京へやってきたが、
自分自身の目的のなさを実感する。
「なぜ私はここにいるのだろう…?」。
ある日、彼女は体の異変に気づいた。
肋骨の一部が木になってきているのだ!


あとは ポン・ジュノ監督 の作品
こちらの出演者 も すごい
主演 に 蒼井優×香川照之
他には 竹中直人 や 荒川良々 などなど


story

「Shaking Tokyo」

10年間、引きこもり続ける男。
ある日、彼はピザ配達の女性に恋をした。
勇気をふり絞って、彼女に会いに行こうと外に出ると、
東京中の人々が引きこもりになっていた!
家に引きこもってしまった恋した彼女を
見つけ出した刹那、地震が都市を揺らし始める…。


レオス・カラックス監督 
については 省かせてもらいますが

これは おもしろそうだなあ

2008年公開 というのは確かみたいだけれど
いつになるのだろう?
どちらにしても 地方では やってくれないんだろうなあ


それから 本を読んだこともあって




ハーフェズ ペルシャの詩 も 観てみたいです
本の中の麻生久美子 が 本当に美しかったし
映画の撮影風景なども知れたので やっぱり観たいなあと思う


もうひとつ 

以前友達も blogに書いていましたが
クラムボン の たゆ たう
これも 気になるなあ あいにく観ることはできませんが…


ということで 今 気になる映画 でした
スポンサーサイト

Comment


ayaちゃん、この映画のことを知らなかったのだけれど、監督も出演者もすごいーー!気になってしまうね!
レオス・カラックスも、好きなので、そちらもなんだか興味がわいてきたよ。
いつも、気になるものを、紹介してくれて、ありがとう!

麻生久美子も、きっときれいなのだろうね。
予告?を観ると、またきれいな映像で、いいね。
観たい映画がたくさんあって、楽しみがふえるね!

うーわー!すごいツボ!キャストだけでツボ!
せひ見たい!

なんとなく なんだけど 東京 の街は
映画で見る方が好きになれるね
現実はいい面よりよくない面の方が目についてしまう、そんな街な気がする

あ、あやちゃん
ひとのセックスを笑うなの原作を読んだの、
みるめ、映画では「ボク」なのに小説では「オレ」なんだね。ゆりも永作のイメージとは全然違ってて、小説の雰囲気や温度?はとってもすきでした。映画が楽しみ。
おうちで見ようと思っていたんだけど、
彼に本を貸したら彼が「映画見に行きたいけどひとりでは無理だよ、女の人いっぱいでしょ」というので一緒に見に行くかもしれない☆



わぁ~ 面白そうな映画ですね
楽しみです☆

クラムボンの たゆ たう 見たいなぁ...

また 色々 素敵な情報を 教えてね♪

* makiさん

お返事 遅くなりました!

本当 すごい豪華すぎですよねえ!
FRaU に 出演者の写真なども載ってたのだけど
ひとりで「おおー」と 思ってました
個人的には やっぱり ミシェル・ゴンドリー が気になるのだけど
青井優ちゃんすきなので そちらも気になります

レオス・カラックスのは 映画を見たことがないので
よくわからないけれど 有名なポンヌフの恋人 観てみようかなあ
makiさんも お好きなようだし:-)

ちなみに レオス・カラックスの映画だけ
出演者が 日本人じゃないみたいで…
どれも おもしろそうですよね

そして 麻生久美子は すっぴんで出演みたいです
こちらは 内容というより 映像を楽しむ?映画のようです ☆
観てみないと なんとも言えないけれど…


* らくちゃん

ねー!キャストだけで やばいよね!
さすが ミシェル・ゴンドリー だわ(何様だけど)

伊藤歩もすごいすきだし 大森南朋だしねえ
藤谷文子と加瀬亮 っていうのも どきどきするね:)
なんだか 妻夫木くんだけちょっと違う雰囲気で
意外だったー

しかも TOKYO がテーマなんて おもしろそう☆
東京… 確かにそうかもね
やっぱり 東京 嫌いにはなれないんだけど
住んでたら 悪いところも たくさん目に付くし
いろいろ考えちゃうところがあるよね


あと 人セクのことだけど 映画では ボク なんだ!
今まで 知らなかった 笑
監督は みるめのかわいさ みたいなのを
強調したかったのかしら?
確かにあたしも 原作のゆりは 永作さんとはイメージ違ったなあ
もう少し 年をとった セクシーなイメージのひとを想像したかな
永作博美は 童顔でかわいらしいもんね
小悪魔的な感じはあるけれど

おっ!彼も観たいと言ってるんだねえ ☆
これって カップルで来るひと 多いのかなあ?
あたしは ひとりでじっくり観ようと思うんだけど
(もちろん 彼がいないのもあるけど 笑)
映画館で タイトルをどう言おうか 考え中なんだよねえ…
「人セク一枚ください!」 とか 笑



* moku mokuさん

本当 おもしろそうですよね!
個人的には どれも観てみたい!

…けれど 地方だと どれも観れないんだろうなあ
書いたのはいいけれど 悲しいです 笑
でも 普段映画館 あんまり行かないので
DVDが出るまで 首をながーくして 待とうと思います:)

たゆ たう  これも気になります
クラムボンファンなら 絶対観たいだろうなあ ☆

またなにか 気になる情報があったら
ここに 書かせてもらいますね:-)


ね、妻夫木君だけメジャーな感じというか
えっ、ここで妻夫木?って思った

なんかね、まだ迷っていて
やっぱりひとりで見たい映画だなぁって思ってきたよ・・・予告編で「せつなさ100%」なんて言ってるし、ひとりで「うわーせつない!」って思う存分楽しみたいような気がしてきたよ。

確かに窓口でなんて言えばいいんだろう
恥ずかしいね 笑

* らくちゃん

返事 遅れてごめんね!

そうだね 妻夫木くんだけメジャーな感じだよね
どんな絡みになるんだろう?
何気に 伊藤歩と妻夫木くんて 共演することが多い!

うーん 確かに内容的に ひとりで観るひとが多そうだとは思う
最後がハッピーエンドじゃないからね…
映画は映画でどうなっているのか また楽しみ ☆
本当にはやく観たい!

あと 窓口はかなり戸惑うな 笑
まわりのひとがどう言っているのか しっかり聞かなきゃ 笑
タイトルそのままは 言いずらいよねえ:-(


わたしの 気になる映画は これ ↓

http://www.penelope-movie.com/

でも 寒すぎて 映画館に見に行く気力がないわ・・・

そういえば
わたしも会社に FRaU とかファッション雑誌があるのだけれど
今月の FRaU の占い特集を読んでいたら
自分の星座のところに
ヨガがお勧め って書いてあってびっくりしたよ
(ヨガ始めたばかりだったから !)

* makikoちゃん

この映画 あたしもすきな感じだー!見たい!
でも おなじく この寒さで 外出するのも億劫な時期になってきたよね
映画館に行くのは よほどじゃないと行かないかも

結局 めがねですら 観れなかったよ…

それにしても すてきな映画教えてくれてありがとう:)

そうそう 今月のFRaUは占い特集だったよね!
まだちゃんと見ていないんだけど 明日の休憩中 読もうと思う:)
なんか ぴたっとくることが書かれてあったら
信じちゃうというか うれしくもなるよね

ヨガ いいないいな!あたしもやりたい!
でも もっと いろんな意味で余裕ができてからじゃないと無理だけど
いつか 習い事とか いくつか始めてみたいなあ ☆

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。